一般社団法人 あんしん母と子の産婦人科連絡協議会

あんしん母と子の産婦人科連絡協議会について

設立趣意書

わたしたちは先人たちの様々な知恵と失敗に学び、福祉と医療をつなぎ、産婦人科同士も連携を取って、追い詰められた母と子を救い、赤ちゃんが欲しくてもかなわなかった愛情たっぷりのご夫婦に赤ちゃんを託し、赤ちゃんの人生を少しでも明るいものにするお手伝いができるように、あんしん母と子の産婦人科連絡協議会(あんさん協)を立ち上げました。


小さな子供たちにとって愛情深い両親に見守られて育つこと以上に素晴らしいことはありません。これこそがボンディング形成の基本単位であり、物質的な豊さ以前に子供のために整えるべき環境の中で最優先すべきものであり、教えていくべきことであると思います。父と母が信頼し合っている家庭で育つ子供は、人を信頼する心、愛する心を家庭でしっかり身につけることにより、人生を肯定し、その後の人生において安定した幸福な人間関係を築いていく事ができる様になります。そしていつかその子が家庭を築いた時、良い連鎖を生み出し、ボンディングはさらにその子供に、脈々と受け継がれていくことでしょう。


患者さんの身体のみならず、心の痛みを和らげ健全な日常生活に尽力するのは医の道を歩むものの使命であり、妊娠に戸惑い、悩み、悲嘆にくれる妊婦さんに寄り添い、産まれ来る新しいいのちを守ることに人生をかけるのは、産婦人科医療に携わる特権を得たわたしたちの責務であると自覚しています。わたしたちは日夜、妊娠を望みながらなかなか赤ちゃんに恵まれない患者さんたちと、妊娠しても自分で育てる道を選べない妊婦さんの狭間で生きています。
微力ながら協議会一同、力を合わせて押し進めていきたいと思っております。


平成25年9月8日
あんしん母と子の産婦人科連絡協議会

基本方針
  • 第一に考慮すべきは子の幸せであり、次に実母の心のケアを大切にする。
  • 虐待防止の視点から必要に感じて養子縁組を行うのであり、養子縁組が優先するのではない。
  • 実母、養親、いずれからも謝礼や寄付金などを取らない。医療の一環として行う。
  • 原則として国内において縁組を行うべきであり、日本人の子どもは日本人のご夫妻へ、やむを得ず国際的な養子縁組を行う場合、子どもの出身国等を配慮する。
  • 医療と福祉をつなぐ役割を果たす。
  • 地元の児童相談所との連携を密にする。
  • 日本医師会・日本産婦人科医会・厚生労働省の意向を重視する。
協議会の活動

●妊娠について悩まれている女性を支援し、赤ちゃんのいのちをまもる

予期せぬ妊娠をされた方、諸事情により育てられない可能性がある女性、その他妊娠等について悩まれている女性をサポートし、産まれてくる赤ちゃんのいのちをまもります。
詳しくは「女性と赤ちゃん支援」ページをご覧ください。

●思いがけない妊娠に悩んでいる方は「妊娠…?どうしよう…サイト」をご覧ください >>


●特別養子縁組支援

あんしん母と子の産婦人科連絡協議会では、生みの親が育てることのできないお子さんを、ご自分の家庭に迎え入れ、その子どもを心から愛して養親となってくださるご夫婦を求めています。
詳しくは「特別養子縁組みについて」ページをご覧ください。

●養親希望の方は「養親さん向けサイト」をご覧ください >>

参加医療施設

特別養子縁組取り扱い医療施設


養子縁組希望者に対して
相談に応じる医療施設

愛育病院(鹿児島県)
あまがせ産婦人科(福岡県)
荒木病院(石川県)
岩永レディスクリニック(大分県)
窪谷産婦人科(千葉県)
恵愛病院(埼玉県)
慶愛病院(北海道)
小阪産病院(大阪府)
産婦人科 筑紫クリニック(福岡県)
島原マタニティ病院(長崎県)
なないろレディースクリニック(茨城県)
母と子の上田病院(兵庫県)
ひたちなか母と子の病院(茨城県)
古川産婦人科(福島県)
宮原レディースクリニック(大分県)
ヤナセクリニック(三重県)

施設配置日本地図

協議会本部

一般社団法人 あんしん母と子の
産婦人科連絡協議会 本部

所在地
〒360-0025 埼玉県熊谷市太井1681
医療法人きずな会 
さめじまボンディングクリニック内
お問合せはこちらから >>

ページトップへ